6月, 2016 | ビオハウジング タケモリ一級建築設計事務所(福岡・北九州)

ブログBIOログ

ストレス?

Date:2016年06月18日
Category:BIOログ

こんにちは!

 

”ストレス” ってなんでしょう?

cc952a219cb7f4437db73b3681a7cb3d

ウィキでは、

”生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である。”

て書いてあります。

 

つまり精神的なストレスのようですが、

実際には、

感じることが出来ない、忘れた、

あるいは、

麻痺したストレスもあります。

 

あと、内臓系の疲れ、骨格の歪み、などの自律神経です。

これがとても重要なように思います。

 

最近、ギックリ腰になって、

整骨院に通っています。

かなり、骨が、ゆがんで、筋肉が硬直していました。

それを少しずつ取っていますが、

からり疲れなくなりました。

 

姿勢がゆがむとを、

身体は、維持しようとして、

筋肉を使います。

それもある意味ストレスです。

本当は使わなくて良い筋肉、エネルギーを使っています。

 

悪い食べ物を食べると、体外に出そうと、

内臓も努力します。

それも無駄なエネルギーです。

 

最近、歳なのか、限りあるエネルギーを 

有効に使うため、そんなことも考えています。

 

家に帰ると

ストレスのかからない家

 

を目指して、作っています。

 

 

 

 

 

 


屋久杉の家

Date:2016年06月18日
Category:BIOログ

こんにちは!

最近は、

建築の確認申請、現場管理、プラン作成などで、

バテ気味ですが、

 

屋久杉の家

断熱材も吹き終わり、

外部も、もう少し、

 

内部は、ゆっくりですが、

こんなものがついています。

何でしょう?

IMG_6136

 

最終的には、丸と四角の部分にあるものが付きます。

 

スピーカーです。

壁に埋め込むことで、余計なスペースも取りませんし、

大きいのがつけることが出来ます。

 

私の趣味に、オーディオがありますが、

少しは役に立ってると思います。

 

出来上がりが楽しみです。

 

 

 

 

 

 


オオカナダモ

Date:2016年06月18日
Category:BIOログ

こんにちは!

 

最近暑いですね。

 

暑いので、川を見ると!

水草の上に、白い点々がある!

ゴミか?

IMG_5968

いや

花でした!

オオカナダモというらしいです。

きれいな花ですが、

外来種で、増え過ぎのようです。

 

よく子供の頃、この川で、魚をとって遊んでいました、

その頃よりも綺麗なようです。

IMG_5972

IMG_5974

ここの川では、少ないですが、

ホタルも出ます。

 

 

 


セルロースファイバー

Date:2016年06月02日
Category:建築

こんにちは!

 

セルロースファイバー施工しています。

この家では、天井も壁もセルロースファイバーです。

 

IMG_6118

半分吹きましたが、外と、家の中の温度が全然違います。

当社では、

アメリカ・インサイドPC社の
安全なセルロースファイバーを採用しています。

この断熱材には、ホウ酸が含まれていますが、

一般的にセルローファイバーに使用されるホウ酸は猛毒であり
ホウ酸の種類を明確にはしていませんが、ビオハウジングの使用する


セルローファイバーに含有されるホウ酸は、
ボロン#10という唯一成分開示されている安心な
ホウ酸が使用してあります。


他社のセルローファイバーは、ホウ酸の他にも、
ホウ砂や界面活性剤という発がん物質が含有されています。


また、ホウ酸の濃度も23%であり、世界最高濃度が含有されています。

そんなこだわりからアメリカ・インサイドPC社の
安全なセルロースファイバーを採用しています。


30坪の家でグラスウール断熱材の重量は100キロ未満です。
セルロースファイバー充填では1200キロ使用しています。


そして湿気を重量の15%ほど吸湿します。180リットル
ドラム缶1本ほどです。夏の湿気をコントロールする
セルロースファイバーをお勧めしている理由です。


日本のセルロースファイバーと比べて歴史・安全性・実績のある
インサイドPC社を採用している理由です。

インサイドPCセルロースファイバーの断熱工事もご依頼ください。

 


断熱材の性能?

Date:2016年06月02日
Category:建築

こんにちは!

皆さん断熱に何を求めますか?

ただ熱を遮れば良いと、お考えであれば、

 

熱伝導率率を見れば、わかります。

熱伝導率к[W/mK]は厚さ1mの板の両端に1℃の温度差がある時、

その板の1m2を通して、1秒間に流れる熱量を いいます。

熱伝導率は、気体、液体、固体の順の大きくなるようです。

 

つまり低いほうが良いです。

 

例えば、グラスウールと、セルロースファイバー、ポリスチレンフォーム

など、だいたい0.04W/mk

 

断熱材の性能の数値として、は同じです。

 

がしかし、

 

熱の伝導率が同じだけ!

透湿性能、吸音性能、吸湿性、などは全然違います。

 

”本当の心地よい家”

に必要なのは何でしょうか?

 

シックハウスセミナーで説明いたします。

予約できます!

こちらからどうぞ!

 

 

 


「医師が薦める本物の健康住宅」の本を毎月10名様にプレゼント!
pagetop